HOME>アーカイブ>専門の医療施設で診察を受けて目薬で治療しよう

専門的な機器で検査を行う

眼

緑内障かもしれないと感じたのなら、医療施設を訪れて、専門のドクターに病気かどうか判断してもらいたいと考えるでしょう。しかし、近場の眼科を訪れる前に、緑内障に対応しているかどうか確かめることが大切になります。それは、緑内障はドクターが目を診察しただけで、判断できるような病気ではないからです。食内証のせいで視野が欠けているかどうかは、OCTやゴールドマン視野計などを使って検査をしなければいけません。それら機器はすべての眼科にあるわけではないため、まずは用意してあるところを探す必要があるのです。機器があるのなら、あとは普通の病院と同じように診てもらえば検査をすすめられるので、緑内障かどうかハッキリさせましょう。

目薬を使った進行を遅らせる治療

眼

緑内障で視野が欠けてしまった場合、どのような治療を受けたとしても、現在では元に戻すことはできません。しかし、視野欠けをストップできる可能性が高いので、眼科で緑内障の治療を受けるのはとても大切だといえるのです。難しい治療ではなく目薬を毎日決まった時間に利用するだけでよいので、苦労なく緑内障の進行を止められます。いろいろな種類の目薬があるので、一つの種類で効果がなかったとしても、いろいろ試せば自分に合ったものを見つけられるでしょう。

保険を使って安く治療できる

医者

毎日目薬を利用しなければいけないので、費用がかなり高くなると考える方もいるでしょう。たしかに、一種類だけではなく、二つか三つの種類の目薬が必要になるケースもあるため、それなりの費用になってしまいます。しかも、視野欠けの検査も定期的に行わなければいけないので、そちらでも費用が発生してしまいます。しかし、緑内障の治療は保険が利用できるため、一割から三割の費用で、目薬の処方や検査をしてもらえるので安心しましょう。

広告募集中